新サーバーに移行予定です!ドメインも変わります

Illustrator CS6が開かないときの対処方法

Illustratorが開かなくなった時の対処方法

Macをバージョンアップしたらイラレが起動しない!?

Macをバージョンアップし、イラレを開こうとしたら「Adobe Illustrator CS6.app を開くには、以前のJava CS6ランタムをインストールする必要があります。」というポップアップが表示されてしまいました。

でも実はコレJavaをインストールせずにイラレを使うことが出来るのです。

このポップアップは単に「このディレクトリは存在していますか?」というのを確認しているだけなので、空のディレクトリを作成するだけでこの問題は解決できますよ。

空のディレクトリを作成する方法

注意
リカバリーモード中はこの画面が見れないので、スマホでこの記事を見ながら作業してくださいね。
  • STEP.1
    リカバリモードで起動
    リカバリーモード(⌘ と R を押しながら)で起動します。
  • STEP.2
    ターミナルを選択
    〔ツールバー〕⇒〔ユーティリティ〕からターミナルを選択します

  • STEP.3
    ターミナルに入力
    ターミナルを開き、# csrutil disable 入力・実行する。

    続けて、# reboot を入力・実行する。(再起動する)

  • STEP.4
    コマンドを入力
    普通に再起動した後、ターミナルを開き下記コマンドを入力する。(コピペでOK)
    コマンド
    sudo mkdir -p /System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk
    sudo mkdir -p /System/Library/Java/Support/Deploy.bundle

    再度リカバリーモードで起動する。

  • STEP.5
    入力・再起動して完了
    ターミナルを開き、# csrutil enable を入力・実行する。

    続けて、# reboot を入力・実行する。(再起動する)

これでイラレが開けるようになります。

参考 OS X 10.11/El CapitanでAdobe Illustrator CS6を最新Java SE 8で動かすQiita 参考 Mac OS High Sierra(10.13) で Illustrator CS6を利用する@Satoh_D no blog