新サーバーに移行予定です!ドメインも変わります

【義務】タックスリターン申請をする方法

日本帰国前or帰国後にしたいタックスリターン方法

オーストラリアで仕事をしている方は、日本に帰国する前or後にあることをしなければならないのを知っていますか?それはタックスリターン申請です。今回は仕事をしている方の義務であるタックスリターン申請について順序を追って説明などしていきたいと思います。

タックスリターンとは

日本の確定申告に当たるものです。オーストラリアは日本と同じく、仕事をしていれば給料から所得税が引かれています。その引かれた金額が、基準より多ければ返金され、少なければ追加納付されてる仕組みになっています。

期間・期限

7月1日〜翌年6月30日までの1年間の収入に対してタックスリターンされます。そして、タックスリターンの申請期間は7月1日〜10月31日までとなります。

会計年度 タックスリターン期限
2018年7月1日〜2019年6月31日 2019年7月1日〜10月31日

対象者

会計年度内に$1でも税金を支払った場合にタックスリターンの申告義務が発生します。つまり、その期間内に仕事をして給料をもらった人が対象者です。

必要な書類

  • PAYG Payment Summary 

会計年度内に仕事で稼いだ総額と引かれた税額が記載された書類です。雇用主は7月14日までにこれを発行する義務があるので、職場に問い合わせて貰ってください。この書類は職場ごとに発行されるので、会計年度内に働いた全ての職場から貰いましょう。

MEMO
仕事をする上で必要と認められた支出がある場合はこれを経費として差し引くことができるようです。

申請する方法

私は委託してタックスリターンをしたので、今回はそちらの会社をご紹介させていただきます。

私が委託した会社

YONSEI GROUP ACCOUNTANTS


サイトで申請内容を記入する

上のボタンからホームページに行き画面をスクロールすると委託フォームに辿りつけます。そちらから申請する上で必要な情報を入力します。フォーム記入後、最後に文書に同意しサインを書き送信します。

  • 名前
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 職業:farmer
  • タックスファイルナンバー
  • LINE ID
  • ビザの種類:Working Holiday Visa
  • オーストラリアの住所
  • 日本の住所
  • オーストラリア入国日
  • 利息収入:$0
  • タックスリターンの受け取り方
  • Pay Summary(バイトやファームジョブでもらったもの)
MEMO
このように、LINE ID はタックスリターンで戻ってくる金額などのやりとりをする上で必要になります。ちゃんと記入しましょう。
 LINEでやりとりします

何日後にLINEで連絡がくるので、そのあとは担当者さんが言う通り進めれば大丈夫です。私の周りに何人かタックスリターンした人がいるのですが、だいたい$400は返ってきたと言ってましたよ。

戻ってくるお金はどうした?

オーストラリアの銀行にするか、日本の銀行にするか迷うと思いますが、私的に一旦オーストラリア銀行に返金してもらうようにするのがいいのではないかと思います。私もそうしています。最終的にはオーストラリアの豪ドルは日本円にすると思いますので、為替レートが良い時期にお金を移動しましょう。

参考になるサイト様

最初は自分で申請しようとしていたのですが、お金のことだから怖くって(笑)結局プロに頼ってしまいました。そんな時に見つけたプロに頼らず自力でタックスリターン申請をする方法を書かれているサイト様を見つけました。自分でしたい方はこちらのサイト様が詳しく書いていらっしゃいますよ。

参考 Tax Returnの申請方法を図解でまとめてみたよ 2018年版NZワーホリ・ワークビザとって魂の休息! 参考 【2018年版】最新のタックスリターンについて徹底解説!Jams.TV オーストラリア生活情報ウェブサイト 参考 オーストラリアのスーパーアニュエーションを自力で返金する方法Tomofeed.com RSS Feed