新サーバーに移行予定です!ドメインも変わります

多国籍な人種が住んでいるオーストラリアで語学留学を始めてみよう!

オーストラリア留学は誰にでも始められる!

今現在(2018年6月)ワーキングホリデービザを取って留学しています!

オーストラリア留学するまで相当悩みました「何をすればいいんだろう?」「どうやって留学するの?」「語学学校はどこにすればいいのかな?」など不安でいっぱいでした。この記事を読んでいる方の多くは留学を考えているはず!なので、実際に私がオーストラリアに留学する際に手続きしたことを皆さんと共有したいと思います。

留学ってどうやってするの?

自分で全ての手続きをする方法 or 留学エージェントを通して手続きをする方法 の2択になります。両方のメリット・デメリットを書き出してみましたので比べてみてください。

自分で全ての手続きをする方法

メリット
  • エージェントにサポート料金を払わないので無駄なコストがかからない
  • 保険や航空券を自分が好きなタイミング・会社を選択できる
デメリット
  • 留学するための情報収集に時間がかかる。
  • VISAの申請は英語のみなので、自分でするのは難しい

エージェントを通して手続きをする方法

メリット
  • 留学手続きを手伝ってもらえるので、簡単に留学ができる
  • 自分にあった学校が探せる
  • 渡航してからもサポートしてくれる
  • 語学学校の入学割引がある場合が多い
デメリット
  • 留学費用+サポート料金がかかる場合が多い

オーストラリア留学するために必要なモノ

私は留学エージェントを通して留学する方法を選びました。私はこの選択をして良かったです!ビザや入学・ホームステイなどの手続きを手伝ってもらえるし、たくさんの留学生を送っているエージェントの方は留学先のことも知っていますし、留学前も留学後もサポートしてくれるので大変心強かったです。

留学する前に国内で準備するもの
  • 【ビザ申請に必要】パスポート
  • 【ビザ申請に必要】クレジットカード
  • ビザ
  • キャッシュパスポート・マネパカードなどの海外送金用カード
  • 航空券
  • 生活費
  • 海外旅行保険(任意)
  • 学費(学校に行く場合)
  • ホームステイ費(ホームステイする場合)
MEMO
海外送金用カード
日本国内にいる親族からお金を送ってもらうためのカードです。もしものために持っておいた方がいいと思いますよ。

ビザの選択

留学するためには学生ビザかワーキングホリデービザを取らなければなりません。まずは2種類のビザのうちどちらを取得するか決めましょう。どちらも取得するための条件・規則があります。

学生ビザ ワーキングホリデービザ
  • 年齢制限がなく誰でも利用できる(滞在できるのは学校に通っている期間のみ)
  • 3ヶ月以上語学学校に通うこと
  • 出席率80%を下回らないこと
  • 現地でフルタイムで働けない(2週間で40時間まで働くことができる)
  • 18〜30歳までの方が利用できる(滞在期間は1年間)
  • 学校に通学できる期間は最長17週間(4ヶ月)
  • 現地でフルタイムで働くことができる

2種類同時に取得することはできませんが、学生ビザ⇒ワーキングホリデービザへ切り替える方法もありますよ。

MEMO
ビザを取得するためにはパスポートが必要になります。申請してから手元に届くまで10日から最大3週間程度かかるので早めに確認しておきましょう。また、ビザの支払いはクレジットカード(VISA,Mastercard,AMEX,Dinners,JCB)のみです。渡航してからも大変役立つので発行をおすすめします。

オーストラリア留学をするまでの流れ

いつから準備をはじめる?

オーストラリア留学するにはおおよそ4~6ヶ月は必要だそうです。オーストラリアのワーキングホリデービザは簡単に取得できることもあって私は退職後した約4ヶ月後に渡航しました。

私の場合はこういうスケジュールでした。私が面倒くさがりでエージェントさんとのメールのやり取りを若干放置していたので、普通の方は1ヶ月半で航空券を取得できるのではないでしょうか。

私の場合
  • 4ヶ月前
    ・パスポート申請・パスポートが届く
    ・エージェントに申し込みをする
    ・学校手続き
    ・ワーキングホリデービザ取得
    ・ホームステイ先の希望を提出
  • 2・3ヶ月前
    ・海外旅行保険を申し込む
    ・航空券取得
  • 1ヶ月前
    ・ホームステイ先の情報がわかる

どのくらいの費用がかかるの?

やっぱり知っておきたいのがどのくらいの費用がかかるかですよね!これも人によって違うと思いますが「ホームステイ4週間・語学学校17週間・海外保険に加入」を選んだ私が実際にかかった費用を参考にしてください。

私の場合(渡航前)
内容 費用
語学学校(17週) *1 $5815
ホームステイ(4週) $1240($310/週)
ホームステイ手配費 $280
空港送迎(片道) $165
海外送金費用 $100
ビザ(WH) $440
航空券(片道) *2 約7.6万円
海外旅行保険 *3 約16万円
合計 約93万円

*2017年6月の当時のレートで計算:87円(86.50)
*1 ワーキングホリデービザの方限定で安くなるキャンペーンをやってました
*2 自分で調べて航空券を取った方が安く手に入ると思います
【エージェントを通してとるとこんな感じ】
カンタス航空(片道) 6万5000円+施設使用料+オーストラリア税金+予約手数料
*3 私はちょっと高めのプランだった気がします


次に渡航後、4週間ホームステイしながら学校に通う際に必要なお金も確認しておきましょう。

私の場合(渡航後)
内容 費用
バス代 $40/週
ホームステイWi-Fi(必要な人) $10/週
simカード代(必要な人) $7.5/週
食費 $15/週
合計 約2.5万円/月
$290/月($72.5/週)

4週間でこのくらいの金額が必要になりました。食費についてはホームステイ先の人が優しくてキッチンや食材を自由に使わせてもらったので安くすみました。ところ変わってバス代高いですよね…私はホームステイ先から学校までバスでいけたのでバス代だけで済みましたが、電車とバスを乗り継ぐ方はもう少しだけお金がかかるかもしれません。

100万円あればオーストラリア留学できる?

私は渡航する前「180万円くらい貯めておかないと生活できない…!!」って思ってました。もちろんあることに越したことはないです。しかし、合計を見てみると100万円未満。私自身も算出結果をみて「あれ?100万円未満でホームステイしながら語学学校にいけちゃってんじゃん」って思いました。ちなみにホームステイをしている間、私はバイトをしていません。渡航してすぐバイトを始めるともっと安く済みそうですね。

シドニーで自分にピッタリの語学学校をみつけよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。