新サーバーに移行予定です!ドメインも変わります

【報告】バンダバーグのズッキーニファームは天国ではないけれど良いところでした

バンダバーグのズッキーニファーム

セカンドビザを獲得する為にファームに行こうという方、カブルチャー(Caboolture)やエアー(Ayr)・コスタ(Costa)・バンダバーグ(bundaberg)など様々な地域にファームが点在しています。その中でバンダバーグの位置するQLD州は他の都市と比べ温暖で、他の州と比べて農業が盛んなことで有名です。

ファームを探している方はバンダバーグと聞いてピンとくるのではないでしょうか。なかには『バンダバーグ』=『地獄・やめた方がいい』と連想してしまう方がいるかもしれませんね(笑)私も行くまでそう思ってました。

そんなバンダバーグに来るのを躊躇している皆様には、ぜひこの記事を読んでいただければと思います!

ところでバンダバーグってどこにあるの?

バンダバーグはQLD州に位置しており、ブリスベンの上の方にあります。

バンダバーグのファームに行くことになった経緯

オーストラリアで出会った日本人の友達から紹介してもらいました。

私がファームに行こうと思ったのがオーストラリアに来て8ヶ月目くらいでした。皆さんご存知かと思いますが、セカンドビザを取るためには3ヶ月以上(88日間)はファームで働かなければいけません。

なので私の場合、デイオフカウント(休みの日も働いた日に含めてもらうこと)をしてもらわないと危ない状況でした(笑)

友達は「セカンドビザは絶対取れるし、ここのファームはデイオフもカウントされるよ!場所はバンダバーグ。ズッキーニピッキングは辛いけど、スーパーバーザー:指導者(supervisor)や周りのピッカー(picker)達も優しいんだよね」と言っていました。

友達に聞いた後『ズッキーニ バンダバーグ』で検索してみると辛すぎですぐにファームをやめたと書かれている記事が出ていてあまり評判が良い場所ではないんだな…と思いました。が、私には時間がありません。すぐさま紹介されたスーパーバイザーと連絡を取ることにしました。

スーパーバイザーと連絡を取ることに

このファームのスーパーバイザーは韓国人でしたので、連絡を取る手段はLINEではなくKakaoTalkでした。

こんにちは。友達から紹介されました。〇〇日から働くことができると聞いたんですけど、本当にその日から可能ですか?あと、バンダバーグに着いたら迎えにきてくれるって聞いているんですけど、空港と駅どっちですか?

supervisor

できるよ。どっちでも大丈夫。とりあえず支度が整ったらまた連絡して。あと、チケットが取れたらスクショして送ってね

翌日

チケット取れました。〇〇日の〇〇時にバンダバーグ空港到着します。スクショ送りますね。あと、仕事内容の詳細教えてくれませんか?

supervisor

ズッキーニピッキング

2.8$ / bucket (before tax)

+ スーパーアニュエーション (superannuation)

supervisor

めっっっっちゃ仕事きついよ
(え、ファームの人がそんなこと言うんかい)OK!ありがとう

supervisor

じゃあまた会おう

こうして私はバンダバーグのズッキーニファームへ行くことが決定しました。

ズッキーニピッキングの仕事とは

私が行った時の1日の作業内容です。月や天候で時間帯は変わりますよ。

ある1日の作業内容

  • 3:40
    起床
    朝食べたり準備をするために出発する30分以上前には起きます。
  • 4:25
    家を出発
    シャアハウスにいる車を持っている人にズッキーニが育っている場所(ブロック)まで乗せて行ってもらいます。
  • 5:00
    農業に到着(1ブロック目)
    スーパーバイザーに番号が書かれたタグをもらいに行きます。
    みんなが揃ったら、ズッキーニを入れるバケツを取りに行きます。
  • 5:30
    ピッキング開始
    「アシゲスムニカー!(韓国語)」
    スーパーバイザーの号令とともに作業を開始します(笑)
    ひたすら黙々とズッキーニを刈ります。
  • 12:00
    作業終了(1ブロック目)
    1ブロックしか作業しない場合はこの時点でお家に帰れます。
    2ブロック以上するときは、その場所に車で移動します。
  • 15:00
    帰宅
    帰ってきたらじゃんけんをします(笑)
    誰が最初にシャワーを浴びることができるか競います。
    色々なシェアハウスがあって、中にはお湯がだんだん水に変わるお家があるので一抜けしたときは叫ぶほど嬉しいようです。私はお湯&水圧がよい綺麗なお家に住めてました。

    お風呂が終わってすぐ、シェアメイトと一緒の洗濯機で服を洗います。

  • 19:00
    就寝
    初日は18:00には寝てました。

実際ズッキーニピッキングしてどうだった?

本当にしんどい。私は初日からバテてて全身筋肉痛になりベッドから起き上がるのも大変なくらいキツかったです。そして左太ももあたりに痣ができました。(バケツを長時間腰にぶら下げているので必ずみんな痣ができます(笑))

すでにいるファームの人たちからは「2週間いれば慣れるよ!頑張って!」って言われましたが、私は慣れるまで1ヶ月はかかりましたね(笑)でも同時期に来た人とかは結構慣れるの早かった気がします。「全然筋肉痛とかないですよ〜」って人もいました。

最後まで頑張ることができた

辛そうなことばかり言っている私がなぜ最後までやり通せたかと言うと、何と言っても周りの存在ですね。みんな優しくてファーム仕事中も「ガンバッテー!」「手伝いに来ましたよー!」っと声を掛けてくれたりヘルプに来てくれました。

仕事が終わったあとも、家に集まって食事したり、ジェラートを食べに行ったりして優しくおもしろい人たちが集まるファームだったから3ヶ月以上頑張ることができたんだと思います。最終日にはスーパーバイザーの家で食事して本音を聞けたりして(笑)本当にいいファームでした。

稼げた?

初日は、23バケツで時給$10・日給$643ヶ月の平均時給は$15〜20でした。
最高は、78バケツで日給$218.4・月給$943です。

これでも私はファームの中でも平均です。中には100バケツとる人が何人か居たりして、女の子で月給$1000超えとか居ました。シーズン中は200バケツ取っている人がいたらしいです。

最後に〜私の環境〜

もともとファームに行こうと思ってなかったのです。

ファーストビザ終了間近になり、オーストラリアでしかできないことを全然やっていない自分に気づいて、ここでしかやれないことって何だろうって考えた時に「そういえばファームジョブってのがあったな」と思い出してこの機会に行ってみようと行動しました。

オーストラリアではずーっとジャパレスで働いていて「このままここにいても英語上達しないし…ていうか周り日本人ばかりでオーストラリアにきた意味全然ないじゃん(笑)」って思っていたので、英語環境に行ける絶好の機会でもありました。

最初はキツくて大変だった仕事も慣れてくればたくさん稼げてくるので、仕事をやめる何週か前には仕事に行くのが楽しくなっていました。日本に帰る予定がなければもう少し滞在したかったです。

ファームジョブの悪い所は仕事のキツさ、良い所はそれ以外です。

これからファームジョブに行く皆さんが良い場所に巡り会えますように!

注意
私は当たりのファームでしたが、中にはあまり評判が良くないファームもあります。留学エージェントの方に聞いたところ、facebookで頻繁(年中?)募集をかけているところは、直ぐに出て行く人が多いからあまり行かない方がいいのではと仰っていました。

合わせて読みたい

ファームジョブで絶対に必要になるグッズ13選 日本帰国前or帰国後にしたいタックスリターン方法 【義務】タックスリターン申請をする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。